自衛隊合格を目指す方へ。自衛隊採用試験専門学校。塾・予備校・自衛官合格に向けて元自衛官が教えます。一般曹候補生夏期講習受講生募集中

HOME » 自衛官になるための基礎知識 » 自衛隊(一般曹候補生)の倍率・合格率

自衛隊(一般曹候補生)の倍率・合格率

自衛隊(一般曹候補生)の倍率

    H22 H21 H19 H18 H17 H16 H15 H14 平均倍率
一般曹候補生[陸] 男子 10.8 9.9 3.3 4.4 6.5 10 11.4 12.8 8.6
女子 42.3 31.3 11.5 18.8 23 23.1 27.1 28.3 25.7
一般曹候補生[海] 男子 10.5 9.5 3.6 5.2 6.3 7.4 8.3 8.4 7.4
女子 6.7 13.3 7.6 10.6 10.9 12.7 16.1 18 12.0
一般曹候補生[空] 男子 14.2 13.3 6.1 8.1 9.6 12 16.3 16.9 12.1
女子 22.4 19.3 7.9 11.2 13.5 13.2 25.9 21.5 16.9
平均倍率 男子 11.8 10.9 4.3 5.9 7.5 9.8 12.0 12.7
女子 23.8 21.3 9.0 13.5 15.8 16.3 23.0 22.6

【防衛白書】より

グラフで見る自衛隊(一般曹候補生)試験倍率の変化

一般曹候補生の合格率

上の表より簡単なまとめとしまして

  • 近年、倍率が上がってきており、人気がでてきている
  • 誰にでも通る簡単な試験という時代は終わっている
  • 男子は基本的に10倍を超えると考えてよい
  • 10人に9人が落ちる
  • 女子は20倍という狭き門になってしまう
  • 男子での一番人気は航空自衛隊である。
  • 海上自衛隊の倍率は陸上・航空に比べると低い。

倍率はどんな公務員採用試験にもあり、必ず誰かが落ちます。

私が思うに、倍率を分析して、どこが通りやすいかを考える暇があるなら、とにかく勉強して、合格する確率をあげたほうがいい。
必ず誰かは落ちますが、必ず誰かは合格します。

その合格する誰かの一人になればいいだけの事。

そう思います。


ページの先頭へ

インターネットを使って日本全国どこでも対応!WebSchool 受講生募集中!
自衛隊採用試験専門WebSchool受講生募集中

あなたの勉強法は大丈夫?失敗する原因はココにある!?自衛隊採用試験受験初心者のための不合格7つの理由

自衛隊受験無料カウンセリングのご案内

自衛隊受験専門Webスクールへのご質問・お問いあわせ、無料カウンセリングのお申込みこちらから

地域一覧

自衛隊受験・合格を目指す方を応援します!

(北海道地方)北海道 (東北地方)青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 (関東地方)茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 (中部地方)新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 (近畿地方)三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 (中国地方)鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 (四国地方)徳島県 香川県 愛媛県 高知県 (九州地方)福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 (沖縄地方)沖縄県

自衛隊採用試験専門Webスクール(旧自衛隊採用試験専門学校)自衛隊(一般曹候補生・高等工科学校生徒)受験なら
私にお任せ下さい!

自衛隊採用試験専門Webスクール
(旧自衛隊採用試験専門学校)

代表 白石泰宏(プロフィールはこちら

〒861-4172 熊本市御幸笛田4-6-1
TEL 050-3698-2012
Email info@jieitai-school.com
電話受付時間:平日 AM10:00~16:00